ヘドブログ

ヘドゲインさんのQ極Z対オルタナティヴ育児日記。気軽にコメントとかくれよな。返事しねえけど。

ナンバー5は熊

俺は、夜 寝るにあたり、とても柔らかい薄手のスウェット素材のツナギを着る。とてもピエロチックなデザインだ。それが俺の冬の寝間着だ。

実際に着ている全身像を撮ってここでアップしてやりたいが、面倒くさいし、あとちょっと恥ずかしい///からやめておく。 わかりやすいイメージを伝えるなら、梅澤春人先生の名作漫画「BØY」に出てくる敵組織のミリオンのナンバー4の衣装みたいな感じだ。

ツナギはスルッと着られるので けっこう嫌いじゃない。でも便所で用を足す際に、期せずして全裸状態になってしまったりするので、そこだけがマイナス。

-----------------------------------------

会社の飲み会。 あるド偉いさんの更なる昇進祝いと、他部署との親睦会を兼ねた催し。そこにほんの1ミクロン程度の偉いさんである俺も参加させられた形。

で、まあ いきなりセコい話だけど会費のX000円は俺レベルには地味にイタかったりする。だってさあ、X000円もありゃあunionで(以下、略)

まあ会社の飲み会自体、いつもそんなノリ気じゃない俺だし、できれば早く家に帰ってコタツ*1に入って2ちゃんねるまとめサイトとかをスマホでボンヤリ見ていたいんだけど、でも、参加したら参加したで、それなりに楽しんじゃうし、元を取るぐらいガツガツ食うんだけどね!どないやねん。 酒パワーで言いたい事 言っちゃうし。(で、翌朝 青ざめるパターン)。 

まあ、陰なヤングメンや、酒飲めないヤツラにすりゃ楽しくないだろうな。悪習と言わざるを得ぬ。 だってさ、X000円もありゃあ天皇賞で(以下、略)

-----------------------------------------

コンパクトディスクが3枚届いた。左からAmanda Woodward、無我、ZANN。 おっ!フランス、日本、ドイツだな。だからなんだ。

f:id:hdgein:20171029150206j:image

どれも素敵だったが特にZANNは俺のドストラク。この間買ったディスコグラフィーよりも、重くてスローで、のたうち回り感(これ重要)が増量で、かなり好き。

激情やらカオティックにおいては、かなり後追いの俺だが、もう、そろそろ中級者を名乗って良いですかね。アカンか。

*1:みんな、もうコタツ 出した?

芸術家

一日の終わりに。

貰い物の泡盛をちびちびやりつつ、なんの気なしにマイCD棚を見たらば、なんかおかしな事になっている。

f:id:hdgein:20171026114922j:image

f:id:hdgein:20171026114844j:image

縦線や水玉の入った粋な折紙に、ムカデ、猫、カニ、テントウムシ、あとなんかよくわかんない生物らの絵が描かれたモノが これ見よがしに並べられている。

誰の仕業? 一瞬、心が壊れた嫁さんの仕業かな とも考えたが、やはり次男(4さい)が作者であった。 

イタズラには基本 怒る俺だが、これは怒れない。もともと棚に並んでいたCDアートワークとなんら遜色のない芸術性じゃあないか。これはずっとこのままにしておこう。天才の芽を親が摘んでどうする。

…なんて思ってたら、次男本人がいきなり現れて、並べた絵を全て雑に回収しだした。すげー難しい顔をしながら。

 

芸術家や…。

 

門前の悪童

長男(7さい)があまりにも色々とナメ腐っているので、久々にキレてやった。

泣きわめこうがカンケーあらへん。夜中に家から引っ張りだして、近所の寺の門の前で正座させてやった。そして、「次はないぞ!次はこの寺に入れるぞ!」とダメ押しの脅し。

帰り道、「…お寺の中には何があるん?」と、まだ泣きべそ顔の長男が聞いてくる。

困った。とっさに脅しはしたけれど、寺の中に何があるかなんて実は俺もよくわかんない。

…中にはお坊さんがいるよ。鬼のようなお坊さんがいるよ。そしてお前のような言うこと聞かない悪い子を、あれだよ、…すごい怒ってくれるよ」と、自分でも何言ってるのかよくわかんないフワフワした回答をしてしまう俺。

その回答に「えっ?怒るだけ?」と、すこし安堵した表情の長男。   

(イカン!綿密に作り上げた恐怖のイメージが破綻してしまう!)と、内心あせる俺。頭をフル回転。そうしてひり出したのが

寺の前にお地蔵さんがいっぱいあっただろう?あれは、ぜんぶ子供だ。お前のような言うこと聞かない悪い子が、鬼のようなお坊さんに石にされてしまったんだよ!

という、いよいよ全日本寺連盟 的なところからお叱りを受けてしまいそうな珍回答。 しかし、長男への効果は大である。「えっ?どうやって、石にするん?」と、今日イチの強張った表情。

ここで、まごまごしたら全てが水の泡! だが、まごまごしてしまう。

えっ…どうやって石にするかって…あれだよ、お経を唱えて… 悪い子を… …あれだよ、悪い子の頭に、…呪いのふりかけみたいなのをかけたら、徐々にふりかけのかかった部分が石になってくるんだよ。」 

歩を止め、「ふりかけ!!?」と驚きの長男。同時に俺も心の中で(ふりかけ!!?)と絶叫。

…最低のアンサーをしてしまった。単語の響き的に「ふりかけ」はないだろう。俺自身、瞬時にのりたまを連想してしまった。寺の恐怖のイメージから楽しい食卓への転調。もう、アカン。  長男も「ふりかけって、ごはんにかけるやつじゃないん?」とか言いだしちゃったし。

こうなりゃ、もう勢いと大声で誤魔化し、押し切るしかない。

「お前もお地蔵さんにしてやろうか!!!!!!!」

デーモン閣下みたいになった。