ヘドブログ

ヘドゲインさんのQ極Z対オルタナティヴ育児日記。気軽にコメントとかくれよな。返事しねえけど。

服鼻腔炎

インフルエンザが治ったと思ったら次は服鼻腔炎っすよ、ハハハ。あ〜具合悪ィ。

遊びに誘ってくれたボヨくんやタイラくんには「すまんこ」としか言いようがない。元気になったらまた遊んで下さい。全身が痣だらけになるぐらい激しく遊び狂いましょうや。

ところでお前ら「ボトムオブザワールド」は買って聴いたかい?どうやらまたしても傑作のようだぜ。 だがしかし俺はまだ買ってねえ。近所のツタ屋とかに行ったがそもそも入荷してないっぽい。ONE OK ROCKとか ああいうバンドのCDはごっつい特設コーナー設けてまで宣伝してんのにぃ。しょーもな!  …まあ、いいや、今度タワレコ行って買おっと。


eastern youth「街の底」ミュージックビデオ - YouTube

 

▼新番組の「手裏剣戦隊ニンニンジャー」 についても語りたいし、初放送された「風立ちぬ」についても語りたいが、一番面白かったのは、やはり漫画「たいようのマキバオーW」の13巻ですな。<以下、地味にネタバレ>

凱旋門賞、ラストの直線。世界最強馬vs日本最強馬vsドイツの怪物 ってな感じで、ひさびさに漫画読みながら「…う、うおおお!」って声が出ちゃったが、いや〜!まさかあんな決着になるとは…。斤量の有利だとか、オルフェーヴルの惜敗だとか、妙にリアル要素をぶっこんでくるね、つの丸先生ってば。 勝ち馬に対して飯富昌虎が言った「エルサレムを思い出したよ…」発言も、旧マキバオーファンには色々と たまらん。

たいようのマキバオー、永遠に連載を続けてほしい漫画である。