ヘドブログ

ヘドゲインさんのQ極Z対オルタナティヴ育児日記。気軽にコメントとかくれよな。返事しねえけど。

漫画みたいに転けた

一昨日だったか仕事中に、思いっきりこけた。ちょっとした出っ張りにつま先を引っ掛けて、漫画みたいに派手にぶっ転んだ。ズボンのヒザ部分が破けてニルヴァーナのボーカルみたいになってしまった。膝を擦りむいて血もかなり出たし、強打した部分は翌日 にえて 腫れた。

こういう場合、子供ならその場で大泣きするんだろうけど、オッサンは痛さより恥ずかしさだな。実際、かなり痛かったんだけど、他人の視線に耐えられず 赤面し、恥ずかしさMAXになってしまった。はやく立ち去りたい!という気持ち。「あは、あはは、でーじょぶっスでーじょぶっス」と作り笑いしながら、その場から変な早歩きで逃走する他なかった。周りからの「(うわあ、あの人、漫画みたいに転けたぁ)」という視線に耐えられんかった。 

肉体的にも精神的にも、すっかりオッサンになってしまった と、いう話。

-----------------------------------------------

 ユーチューバーというもんを始めて観たが、…まあ あれだな、テレビ見てて「うわっ、おもんな」とか思う芸能人でも、やっぱり あれはあれで、ちゃんとした“ 選ばれた人間 ”なんだな、と思った。

-----------------------------------------------

なんかね、日本のメロディックなパンク(っていうのかな?)って、俺あんまり好きじゃない。テ     とか、ワ   とか、けっこう嫌い。絶妙にハマらない。気のイイ兄ちゃんみたいなのが元気に演ってる的な ああいうのはハマらない。半分余談だけど日本のメロコアバンドのちょけたアー写も嫌い。以上、俺の個人的な意見。

俺はメロディックなパンク(っていうのかな?)ならば物悲しいのが好き。あと渋みが必須。それでいてアツいのが良い。うまく言えないけど。 たとえばStarmarketのこの曲とか ↓ 俺の欲する条件を満たしまくりでやばい。英語だし、なにを歌ってるか全て把握できてないけど、音や展開だけでウッ(涙目)ってなって、うおおとアツくなる。


 なにが言いたいのかと言うとだ、お前ら、俺に色々 薦めろ!って事や。「おまえ、こんなん好きやろ?」って、色々、教えてくれ、ください。(´;ω;`) ウッ

俺は黒を買った

あっ、なんだよ!イケるじゃん!良いやん!全然、良い!!

f:id:hdgein:20170721000505j:image

 1万ちょいの格安プロジェクターと言うことで かなり不安だったけど、いざスクリーンに映し出してみるとこれがなかなかの大迫力。コストパフォーマンス高い。

ただプロジェクター本体のスピーカーがまあまあショボいので、そこは改善の余地があると思う。めんどくさいからまだやってないけどパソコン用の小さいスピーカーをつなぐだけでもかなり良くなりそう。

とりあえず、iPhoneと繋いでYouTubeを大画面で再生して遊んでる。楽しい。 (ちなみに写真の映像はeastern youthのライブ映像。村岡ゆかさんのベース)

DVDプレイヤーやMacに繋ぐのも簡単で、機械オンチの俺でも簡単に使いこなせた。買ってくださった嫁さんに感謝。

clammbon

 

"clammbon モメントツアー2017"

7/17(月・祝) @SHELTER

f:id:hdgein:20170719223944j:plain

クラムボンは昔、けっこうハマってた時期があった。と、言ってもベスト盤しか持ってないニワカなんスけどね。

そんなクラムボンがオラが住む村にやってきた!っつーことで見てきた。場所は ふじと台 にあるSHELTER。便利な立地!

はい、ここで唐突にセットリスト。

Slight Slight/Re-ある鼓動/蒼海/flee/君は僕のもの/ララバイサラバイ/KANADE Dance/サラウンド/シカゴ/レーゾンデートル/yet/波よせて/タイムライン

 俺がクラムボンにハマるきっかけになった「サラウンド」とか、「君は僕のもの」や「シカゴ」といった、よく聴いていたベスト盤にも入っている昔の曲もやってくれて良かったです。テンション上がりました。あと原田郁子さんの髪色がカッコ良かった。

なんとなく、客層はお洒落で、怖くなさそうな人(?)が多かったです。女性率高し。 そんな場所に背中にデカい穴の空いたSWARRRMのTシャツを着て行った俺… の話はどうでもいいか。

クラムボンは今、メジャーレーベルを離れて、クラウドファンディング*1やら、音源を大手CD屋には流通させずライブ会場のみで販売したりと、なんか色々とやっている様子。それについてはメンバーさんが https://www.cinra.net/interview/201705-clammbon ←こことかで詳しく話しています。

まあ、なにせクラムボンのライブ、すげー良かった。

*1:俺はこの言葉を3LAのictus再発プロジェクトで初めて知ったクチ